オラフ

ヘルス:597.24 復活したヘルス:8.5 マナ:315.6 復活したマナ:7.466 攻撃ダメージ:68 攻撃速度:0.694 アーマー:35 マジックレジスト:32.1 範囲:125 動作速度:350
能力

受け身: 狂戦士の怒り
体力が1%減るごとに攻撃速度が1%増加する。

Q: 斧投げ
指定した場所へ斧を投げ、命中した敵ユニットにダメージを与え、移動速度を低下させる。斧を拾うと、このスキルのクールダウンが4.5秒短縮する。

W: 残忍な斧
オラフの攻撃速度とライフスティールが増加し、自身の減少体力に応じてあらゆる体力回復効果が強化される。

E: 捨て身切り
体力を消費して強烈な攻撃を繰り出し、対象に確定ダメージを与える。対象を倒した場合は消費した体力が回復する。

R: ラグナロク
一時的にあらゆる行動妨害スキルを受け付けなくなる。

仲間のチップ

  • オラフの真骨頂は体力が減った時にこそ発揮される。とりわけ「狂戦士の怒り」、「残忍な斧」、「ラグナロク」のコンビネーションは強烈だ。

  • 「残忍な斧」はライフスティールによる体力回復効果だけでなく、味方からのあらゆる体力回復効果を強化する。

対戦相手のチップ

  • オラフは体力が少ない時ほど危険な相手となるため、一気に止めを刺せるまでスキルを温存できるとベスト。

  • レーン戦ではオラフに斧を拾わせないこと。これにより序盤にオラフに対して有利に立ち回れる。

  • 「ラグナロク」を発動中、オラフは行動妨害スキルを受け付けなくなるが、その一方で防御力は低下する。攻撃回避が難しければ、味方と協力して反撃に転じるのも一案だ。

伝承

制止不能な破壊の力、斧を振りかざすオラフが求めているのは栄光にあふれる戦いの中での自らの死だ。過酷な環境のフレヨルドのロクファール半島出身の彼は、ある日、安らかな死を迎えるという予言を受けた——それは一族の間では臆病者の死を意味し、大いなる屈辱とされていた。怒りに燃えた彼は自らの死を求め、自分にとどめを刺してくれる相手を探して、偉大な戦士や伝説の野獣たちを打ち負かしながら国中を暴れまわった。今ではウィンタークロウの容赦なき用心棒となった彼は、やがて訪れる偉大な戦いの中で自らの死に場所を探そうとしている。