カリスタ

ヘルス:534 復活したヘルス:3.75 マナ:231.8 復活したマナ:6.3 攻撃ダメージ:62 攻撃速度:0.694 アーマー:23 マジックレジスト:30 範囲:525 動作速度:325
能力

受け身: 戦の所作
通常攻撃または「貫魂の一投」の準備アクション中に移動指示を出すと、攻撃時にその方向へ跳躍して移動する。

Q: 貫魂の一投
高速で飛ぶ槍を投げる。命中した敵の体力がゼロになると、槍がその敵を貫通する。

W: 執念の霊魂
自動効果: 魂盟を結んだ味方チャンピオンの近くにいると攻撃力が増加。また、同じ対象を攻撃すると追加ダメージを与える。

発動効果: 霊魂を飛ばして周辺を偵察させ、霊魂の前方エリアを可視状態にする。

E: 引き裂く遺恨
通常攻撃するたびに、対象に槍の幻影が残る。発動すると槍の幻影が炸裂し、対象に刺さった槍の本数に比例するダメージを与え、スロウ効果を付与する。

R: 宿命の呼び声
「魂盟の同志」を強制的に自身の近くに吸い寄せる。カリスタの元に吸い寄せられた「魂盟の同志」は自分で指定した地点に突撃でき、範囲内にいる敵ユニットをわずかにノックバックさせる。

仲間のチップ

  • 「引き裂く遺恨」は、敵にとどめを刺すのに便利なスキルだ。「引き裂く遺恨」で対象の体力をゼロにすると、このスキルのクールダウンが解消される。

  • 移動指示を1回出して「戦の所作」を使用しても、通常攻撃の対象指定はキャンセルされない。

  • 「戦の所作」の効果により、攻撃速度を上げることで移動速度を強化できる。

対戦相手のチップ

  • カリスタの機動性能は通常攻撃に依存しているため、こちらが射程距離外に留まっていれば、カリスタの機動力を制限できる。また、攻撃速度を低下させることができれば、戦闘中の活動範囲も狭めることができる。

  • カリスタは、通常攻撃の準備動作をキャンセルできない。移動能力の高いチャンピオンではあるが、攻撃を始めるタイミングを予測できれば、スキルを命中させやすい。

  • 茂みに隠れたり、戦場の霧の中に入るなどしてカリスタの視界から消えれば、通常攻撃の槍は命中せずに地面に落ちてしまう。

伝承

報復を誓い、復讐を司る亡霊カリスタは、偽り人や裏切りし者を狩るためシャドウアイルから召喚される。裏切られた者が血にまみれて復讐を乞い叫んでも、カリスタはそのために自らの魂を代償として支払う覚悟がある者の呼びかけにしか応えない。そしてひとたび彼女の憤怒を向けられた者は決して破滅から逃れることはできない。非情なる狩手が交わした契約は常に、彼女の魂が放つ冷たい槍で完了の印を捺されるのだ。