ザイラ

ヘルス:504 復活したヘルス:5.5 マナ:418 復活したマナ:15.335 攻撃ダメージ:53.376 攻撃速度:0.625 アーマー:29 マジックレジスト:30 範囲:575 動作速度:340
能力

受け身: 茨の楽園
定期的にレベルに応じて周囲に30秒間持続する種を発生させる。種は敵チャンピオンに踏まれると消滅する。

ザイラが種の近くでスキルを発動させると種は植物に成長する。複数の植物が同じ対象を攻撃する場合、ダメージが減少する。

Q: 死華の棘
太いツルが地中に広がって鋭いトゲを生やし、範囲内の敵に魔法ダメージを与える。「死華の棘」を種の近くで使用すると、遠距離の敵を射撃する「棘吹草」に成長させる。

W: 狂い咲き
最大60秒間持続する種を生やす。種の近くで「死華の棘」または「捕縛の根」を使用すると種は植物に成長し、味方として戦う。同時に複数の種を蓄えておくことが可能で、敵ユニットを倒すと「狂い咲き」のチャージ時間が短縮される。

E: 捕縛の根
地中から伸びる巨大なツタが敵を絡めとり、移動不能にしてダメージを与える。「捕縛の根」を種の近くで使用すると、近距離の敵にダメージとスロウを与える「棘鞭草」に成長させる。

R: 茨のゆりかご
ザイラが大自然の怒りを呼び覚ます。指定地点から茨を放射状に成長させて範囲内の敵に魔法ダメージを与える。茨は数秒後に地中に戻り、同時に触れた敵をノックアップさせる。

仲間のチップ

  • スキルを発動した直後に、その効果範囲に種を撒くことで、望んだ場所に植物を発生させることができる。

  • 種を撒くことで、チームは視界を得られる。

  • ザイラの得意戦法は待ち伏せ。茂みの中に種を撒いて、敵を誘い込もう。

対戦相手のチップ

  • ザイラの種は踏めば破壊できる。ザイラが破壊される前に芽吹かせようとするなら、最後の一瞬で避けて彼女のスキルを避けよう。

  • 使役する植物が遠くへ放たれた瞬間、ザイラの懐に潜り込むのは賢い戦い方と言えよう。

  • 使役する植物はワードと同じように固定ダメージを通常攻撃やスキルから受ける。また、植物は比較的早く自滅する。

  • 戦いの場を移すことで、貯めこまれている種を無効化できる。

  • ザイラのWによって設置された種は、固有スキルの種より大きく色も違い、更に少範囲の視界を得る。

伝承

古代の魔法の大惨事の中で生まれたザイラは自然の怒りが具現化した存在であり、人間と植物が融合した妖艶な姿で、一歩進むたびに新たな生命を生み出していく。彼女はヴァロランに住む定命の者たちを自分の種から生まれた子供たちの餌食としか見ておらず、恐ろしい棘を使って平気な顔で彼らを抹殺している。その真の目的は定かではないが、ザイラは世界中を歩き回り、本能の赴くままに根を生やして繁殖しては、他のあらゆる生物を絡めとって絞め殺している。