ブラッドミア

ヘルス:537 復活したヘルス:7 マナ:2 復活したマナ:0 攻撃ダメージ:55 攻撃速度:0.658 アーマー:23 マジックレジスト:30 範囲:450 動作速度:330
能力

受け身: 真紅の盟約
増加体力を40得るたび魔力が1増加する。また、魔力1につき最大体力が1.4増加する(この固有スキル自身の効果とは重複しない)。

Q: 吸血
指定した敵ユニットから血を吸い取り、体力を吸収する。リソースが溜まっている状態の時、「吸血」のダメージと回復量が一定時間大幅に増加する。

W: 紅血の沼
数秒間血の池に潜り、敵に対象指定されなくなる。また、池に接触した敵にスロウとダメージを与え、与えたダメージに応じた体力を吸収する。

E: 血液奔流
自分の体力を消費して血液をチャージし、解放した時に自分の周囲にダメージを与える。この攻撃は敵ユニットを貫通せず、遮られる。

R: 呪血の渦
指定範囲に急速に進行する疫病をばら撒き、感染した敵は一定時間、あらゆる被ダメージが増加する。さらに数秒後爆発が起こり、感染した敵は魔法ダメージを受け、さらにブラッドミアは感染させた敵チャンピオンの数に応じて体力を回復する。

仲間のチップ

  • 敵にダメージを与えつつ、自身の体力を回復できる「吸血」は、ブラッドミアの生存力を大きく上げてくれる。

  • 「呪血の渦」は、なるべく多くの敵ユニットを巻き込むように発動しよう。

  • 「紅血の沼」の発動中、ブラッドミアは敵に狙われなくなる。このスキルはスロウやスタンの緊急回避にも有効だ。

対戦相手のチップ

  • 「呪血の渦」の効果終了時にブラッドミアの体力が回復してしまう、効果が終了する前に倒してしまおう。

  • 戦闘開始と同時に「紅血の沼」を使用せざるを得ない状態に持ち込むことで、スキルの発動コストとしてより多くの体力を消費させることができる。

  • ブラッドミアは体力を増やすことで強くなるチャンピオンだ。彼の体力が増えてきたら、対抗手段として「ライアンドリーの仮面」や「ルインドキング・ブレード」といった、割合ダメージを与えられるアイテムが有効だ。

伝承

ブラッドミアは定命の者の血に飢えた悪魔であり、帝国の建国時代からずっとノクサスの政治に影響を与えてきている。彼は異常なやり方で自らの命を長らえているだけでなく、習得した血を操る魔術を使い、他者の肉体と精神を自分のものとして扱うこともできる。この能力を活かして、ノクサスの貴族たちが集まるきらびやかなサロンで自分を崇拝する熱狂的な信者たちを作り出し、粗末な路地裏では敵の血を最後の一滴まで搾り取っている。